韓非子

中国の古典ばかり集めてみました。三国志から水滸伝・・・司馬遷・・・色々。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

漢文の話 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
江戸の伊藤仁斎、荻生徂徠、明治の漱石、鴎外、露伴、昭和の荷風、芥川龍之介…、日本人は漢文を愛し、日々の覚えや自らの思いを漢文で記した。また、「論語」「五経」「史記」などの古典は必読の書でもあった。私たちの教養に深く入り込んでいた漢文を歴史的に説き起こし、その由来や美しさ、読む心得や特徴などをわかりやすく解説する。見慣れぬ漢字に臆せず、直感を養い、リズムを重視する―中国文学の碩学が、優れた例文を示し、漢文が本来的に持っている魅力を余すところなく語った最良の入門書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
吉川 幸次郎
1904年、神戸市に生まれ、1980年、没。1923年京都帝大文学科に入学、支那文学を専攻。’28年中国に留学、’31年帰国。同年、京都大学人文科学研究所東方学研究部の研究員となり16年間をすごす。’47年京都大学教授。この間、数々の著書を発表、日本の中国文学の普及に大きく貢献、芸術院会員、文化功労者となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

私の漢文講義 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
漢文の指導・研究に一生をささげた碩学が、死の直前まで書き綴った原田流漢文奥義書であり、古典漢文を軽視する風潮を憂えて遺した警世の書。

内容(「MARC」データベースより)
「漢文こそ日本の古典」「漢字は世界で最も秀れた文字」と言い、漢文の指導・研究に一生を捧げた碩学が、死の直前まで書き綴った原田流漢文奥義書であり、古典漢文を軽視する風潮を憂えて遺した警世の書である。*

三国志演義〈5〉 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
蜀領有後、態勢を固めて劉備は漢中に出撃、激しい争奪戦の末、曹操を破り漢中王となるが、荊州に残留していた関羽は孫権との不和が激化し、魏軍と連携した呉軍に生け捕りにされ斬殺される。この『演義』世界の陰の主役ともいうべき関羽の退場ののち、曹操も病いに、張飛も配下の凶刃にとあいついで倒れ、二人の義弟を失って悲嘆にくれる劉備もまた、後事を諸葛亮に託して世を去る。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
井波 律子
1944年富山県生れ。1966年京都大学文学部卒業。国際日本文化研究センター教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

陶淵明全集〈下〉 (単行本)

内容(「MARC」データベースより)
「帰りなんいざ、田園まさに蕪れなんとす」の一句を思いうかべる陶淵明は、酒を愛したのんきな田園詩人。そんなイメージからはかけ離れた複雑な振幅を持った全作品の原文・注・現代語訳を掲載。

陸放翁鑑賞 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書で鑑賞の対象とされた陸放翁(一一二五‐一二一〇)は、名を游といい、放翁はその号、中国南宋時代の詩人である。放翁在世の当時、中国は領土の北半を異民族の国家金によって占領されていた。放翁は祖国の失地恢復を一生涯うたいつづけた愛国詩人として知られる。また一方、不遇な政治生活の果てに、晩年には農村での隠遁生活を強いられ、田園生活の諸相を微細に日記風に、そして大らかに牧歌風にうたった詩人としても、評価は高い。河上肇は出獄(一九三七年、五八歳)の後、これまた強いられた隠遁生活のなかで、陸放翁の作品に出会い、傾倒する。一万首に近い作品を収める詩集を読破しただけでなく、それらのなかから約五百首を選んで評釈を加えた。それが本書である。

内容(「MARC」データベースより)
出獄後、強いられた隠遁生活の中で河上肇が出会ったのは、やはり強制的に隠遁生活を送らされた中国南宋時代の詩人・陸游の作品だった…。田園生活の諸相をうたった500首の評釈を収録。82年刊「河上肇全集 20」の再刊。

史記〈11〉列伝4 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、『史記』十三冊中の『史記十一(列伝四)』で、「袁〓〓(おうちょう)錯列伝第四十一」より「匈奴列伝第五十」までの十篇を収める。

耶律楚材文集 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
名宰相の至誠と苦衷、熱血の詩文。チンギス汗に重用されモンゴル帝国の柱石となった耶律楚材の作から、西遊録のほか西域での詩文を選び、詳細な歴史・地理的注を施し現代訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
松崎 光久
早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。現在、桜美林大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

いまさら聞けない三国志の大疑問 (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
一冊で「三国志」通になれる即効レッスン!「登竜門」はいったいどこにあった門なのか?諸葛孔明の軍師としての才能と、宰相としての能力はどちらが上?この時代の地図はどの程度正確だったか?…ほか気になる謎をズバリ解明。

内容(「MARC」データベースより)
悪役として語られる曹操は、そもそもどこが悪いのか? 結局、「三国志」で最後に勝ったのは誰? 「登竜門」とはどこにあった門なのか?など、気になる謎をズバリ解明。一冊で「三国志」通になれる即効レッスン。

史記〈下〉漢武篇 (単行本(ソフトカバー))

内容(「BOOK」データベースより)
本篇はいわば侵略戦争に起因する統制経済のふかい爪あとである。大漢帝国を支配する武帝が、はじめて天の子として大見得をきる舞台の、裏側をこれはまざまざと見せてくれる。

内容(「MARC」データベースより)
美徳と悪徳、高潔、猜疑、寛容…。長い歴史の中で、人間はどのように生きてきたのか、そして将来はどのように生きていくのか。「史記」に普遍の姿を探究する。78年刊の再刊。〈ソフトカバー〉

人生を変える「史記」の読み方―司馬遷の不屈の志に学ぶ (単行本)

内容(「BOOK」データベースより)
怒り、怨み、徳、侠、交友、君臣のあり方、因果律、帝王学…『史記』には人間のあらゆる姿が描かれている。人間を知るための最良の古典、『史記』の世界を味わおう。

内容(「MARC」データベースより)
人間を知るための最良の古典、「史記」の世界を味わおう! 怒り、怨み、徳、侠、交友、君臣のあり方、因果律、帝王学…。人間のあらゆる姿が描かれている「史記」について解説する。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [美容外科] [高収入バイト情報] [アキバ中毒のページ] [東京ぶらぶら] [電子たばこ] [GOGO!江戸川区!] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [ハロー!江東区!] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [鶯谷・うぐいすだに] [台東紀行] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [台東クラブ]

oooパソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo ぶんか千葉!千葉県の文化情報配信中!!ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo -うぐいす谷Guide-ooo 千葉っ子の初詣情報!!ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 歴史千葉ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 電子たばこooo 荒川区の情報を調べる会ooo 千葉文化ぶんか!ooo ハイキング自然歩道@千葉ドットコムooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 葛飾区を知れ!ooo 性病検査キットooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 千葉市の幼稚園探し・人気の幼稚園を口コミ調査・幼稚園情報!ooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 東京都台東区根岸を紹介するページooo